初小説『ぼくの初恋は透明になって消えた。』刊行

4月2日に初小説『ぼくの初恋は透明になって消えた。』が発売になりました。

●小説『ぼくの初恋は透明になって消えた。』内田裕基(著)

発行:アルファポリス 四六判 224ページ 並製

価格 1,200円+税

ISBN978-4-434-24559-6

【紹介】

たった一人の写真部に所属する高校生・石見虹郎(いしみこうろう)――通称「石ころ」は、うまくクラスに馴染めず孤独な学校生活を送っていた。そんなある日、ひょんなことから知り合ったのが、クラスメイトの最上律(もがみりつ)。教室ではあまり見かけないくせに、明るく前向きな彼女と接するうちに、灰色だった石ころの世界は鮮やかに彩られていく。しかし快活に振る舞う律には、誰にも言えない秘密があって……。

👀試し読みはこちら

------------------------------------------

📚販売書店リスト👉https://www.alphapolis.co.jp/book/bookstore/4774

honto👉https://honto.jp/netstore/pd-book_28994737.html

7ネット👉https://7net.omni7.jp/detail_isbn/9784434245596

-------------------------------------------

昨年に書き下ろした小説がようやく出版に至りました。

以前からずうっと小説を書きたい(出版したい)気持ちがあり、

小説1冊分の原稿を書いて色々な会社に持ち込んだなかで

お声掛け頂いたのが今作の出版社さまになります。

持ち込んだ小説(もしかするとこれも…)自体はそこの会社のカラーではないけれど、

『是非この書き味で青春小説を〜』というようなご依頼を受けて書き下ろした作品です。

初小説であり脚本家としてデビューしてから初の『完全オリジナル商業作品』になります。

もしご興味あれば本屋やネット書店からお買い求め下さい。


そして小説『恋消え』出版記念自主キャンペーンとして

5/12(土)名古屋大須で今までの監督作の上映会を開催!⇒詳細

5/19(土)に東京でも監督作・脚本作の上映会の開催が決定しております。

どちらも内田は登壇予定ですので、是非奮ってご参加ください。

脚本家・内田裕基のまとめ